夏の花でガーデニング、多年草の魅力一挙公開!お家時間を楽しもう♪

 

待ちに待った夏休み!!

例年ならば、家族旅行に海やプールと遊びたおす楽しい楽しい夏休みです。

 

が、今年はどう過ごすべき?とお悩みの親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、お子さんと一緒にお家時間を楽しもう♪

「夏の花でガーデニング!多年草を植えよう」のご提案です。

 

多年草は手間いらず、忙しい親御さんにとって育てやすい植物ですから安心してくださいね。

夏に咲く花選びから、毎日の水やりなど、親子で植物の成長も観察ができるなど、いいお家時間になるのではないでしょうか♪

 

一度植えれば毎年花が咲き長く楽しめる多年草。

今年は我慢の夏ですが、来年花が咲くころにはそんな夏もあったねと懐かしい思い出にもなる事でしょう。

 

今回は、子供と一緒にお家時間♪ガーデニングいかがでしょうか?

 

多年草のとは?

 

一度植えると、植え替える必要なく、その場で何年も花を咲かせるものが「多年草」です。

植えっぱなしで育てやすいことが特徴です。

 

そして多年草には種類あります。

  • 1年中葉を茂らせるもの。(常緑多年草)
  • 生育に適さない時期に、地上部が枯れるもの。(宿根草)

この2種類があります。

 

多年草の夏の花

 

ではさっそく多年草の夏の花をいくつかご紹介いたします。

ペチュニア

 

キキョウ

 

ゼラニウム

 

サルビア(宿根草)

 

フロックス(宿根草)

 

エキナセア(宿根草)

 

このように、夏の暑さの中でも華麗な花を咲かせます。

このほかにもたくさんの種類がありますので、ぜひお子さんと調べてお好みのお花を選んで下さいね!

 

常緑多年草は、花が咲かない時期にも、1年中葉を茂らせますので、花壇が寂しく見えません。

宿根草は、時期になると芽を出し花を咲かせますので花壇で季節を感じますね。

常緑多年草と宿根草の特徴を生かしてお花を植えていきましょう!

 

花をバランスよく植えるコツ!

 

実は私、お花は大好きなんですが、素敵な感じにバランスよく植えることができないんです(笑)

なんでなんだか味気ない、まとまりのない花壇になってしまって。

 

そんな悩みってありませんか?

そこで探してみました!

 

【不等辺三角形】を意識して植える!

これは花の苗を植えるとき、「不等辺三角形に配置しましょう」ということです。

  1. 上から見て不等辺三角形の配置になっているか
  2. 正面に立ち、不等辺三角形の配置になっているか
  3. 中腰になり、横から見て、苗の高さは不等辺三角形になっているか

この3つを意識して花の苗を配置してみてください。

これを意識すると、抜群に見栄えが増しますよ♪

 

夏の花でガーデニング、多年草の魅力一挙公開!お家時間を楽しもう♪まとめ

多年草の1番の魅力は一度植えると、植え替える必要なく、その場で何年も花を咲かせることです。

目まぐるしく忙しい毎日の中でも、植えっぱなしで育てやすいことは魅力です。

 

また多年草には常緑多年草と宿根草の2種類ありましたね。

 

常緑多年草は、例えば花々の縁取りにいかがでしょう?

花が咲かない時期にも、1年中葉を茂らせますので、花壇が寂しく見えません。

宿根草は、時期になると芽を出し花を咲かせますので花壇で季節を感じます。

 

それぞれの魅力を生かしてお花を植えていきましょう!

 

どうぞ、お子様とガーデニングを楽しんでくださいね♪

泥遊びや水遊びが始まるかもしれませんが(笑)

それが夏休みの醍醐味、時間が許す限りガーデニングと庭遊びを楽しんでいただけたら幸いです!

素敵な夏休みお過ごしください。

 

では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。