天体望遠鏡でお家時間を楽しもう♪親バカ青春白書

 

見ていてHappyになれる、大笑いできる「親バカ青春白書」にすでにはまった私♪

第2話も楽しく夢中に見た後で、天文サークルでの「天体望遠鏡」が気になりました。

 

実は私、夜空を眺める事が大好きで。

いつかはお家で天体望遠鏡を使ってみたいなと思っていました。

 

そこで、親バカ青春白書をきっかけに夏休みお家時間充実アイテムにと天体望遠鏡について調べてみようと思います♪

 

親バカ青春白書天文サークル!

 

こちらを見ていて、漠然と気になっていた「天体望遠鏡」がとっても気になりだしました。

いいきっかけ!

お家時間で過ごす、そんな今年の夏休みにぴったりなアイテムだと思いませんか?

 

天体望遠鏡でお家時間♪

 

迫力満点の月や星をみてみたい方に最適な天体望遠鏡。

普段目にしている夜空が、どれほど神秘的なものなのか体感する事が出来るのです。

 

月はもちろんのこと、土星や木星のしま模様や輪などまで見ることができる、それってすごく素敵な事だと思います。

お家時間に、夏の星座観測はいかがですか?

 

 

天体望遠鏡の仕組みは?

 

天体望遠鏡は、

  1. 鏡筒
  2. 架台
  3. 三脚 を組み立て成り立ちます。

 

では、それぞれの役割と、初心者におすすめな種類をを見ていきましょう!

 

鏡筒

月や惑星の見え方を決めるもの

 

数枚のレンズを通してまっすぐ像が届くのが屈折式と、鏡で数回反射させるのが反射式、大きく分けるとこの2種類があります。

見え方に安定感があり、あらゆる天体の鑑賞向き、お手入れが簡単なので、屈折式がおすすめです。

 

架台

星の動きを追うために、鏡筒の向きを調整するもの

 

経緯台タイプと赤道儀タイプの2種類があります。

この2種類は、金額と重量が大きく変わりますので、経緯台タイプがおすすめです。

 

三脚

鏡筒、架台を支えるもの

 

ぐらぐらしない安定感のあるしっかりしたものを選んで下さい。

星の動きを追うために、鏡筒の向きを調整する必要がある事をお伝えしましたが、だからこそ三脚の安定感がとても重要になります。

 

初心者の方には、これらの操作や組み立てが簡単な物、持ち運びがコンパクトな物がおすすめされています。

 

目安の価格は?

参考までに、Vixenさんでは

  • 経緯台式 価格 55,000円(税別)
  • 赤道儀式 価格 129,000円(税別)

となっておりました。

 

そう、そう、こうやって夜空を眺めたい!

夢が広がるばかりです!

 

天体望遠鏡でお家時間を楽しもう♪親バカ青春白書!まとめ

観測は、ベランダや屋上だけでなく、庭でもできます。

庭キャンプのアイテムにも、とっても盛り上がりそうですね。

ぜひ、天体望遠鏡でお家時間を楽しんでみませんか?

 

そして・・・。

次回の親バカ青春白書第3話が楽しみです♪

楽しい夏になりますように。

 

この記事が、少しでもみなさんのお役に立てたら幸いです。

では、最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。