鶴見和子(和のチーズ)経歴と年齢は?家族についても!|人生の楽園

 

2020年8月15日(土)18時00分~18時30分放送の『人生の楽園』に、鶴見和子さんが出演。

 

フランスへ留学、本格的にチーズ作りを学び、その後東京青梅市で地域に根差したチーズ工房を開いた方です。

 

「和のチーズ」作りに打ち込む情熱あふれる姿に圧倒させるとともに、だからこそ彼女の、経歴、年齢、家族はどうなっているのか気になります。

 

そこで今回は「鶴見和子(和のチーズ)経歴と年齢は?家族についても!」ということでお届けさせていただきます。

 

鶴見和子の和のチーズとは?

 

そもそも、チーズ作りには欠かせないのが乳酸菌。

フランスと日本ではこの乳酸菌の種類が違うので、面白いことにこの時点ですでに少し和風な感じになるそうです。

 

さらに、『フロマージュ・ドーメ』というチーズの外皮を洗う際に、青梅の酒蔵の日本酒を使用。

塩は東京都の大島産を使用。

 

「やるならば青梅という地域にこだわったチーズを作ろう」と鶴見和子さんは考えたのです。

このこだわりから生まれた看板商品『フロマージュ・ドーメ』が「青梅のチーズ」すなわち鶴見和子さんが作りだすこだわりの「和のチーズ」です。

 

鶴見和子の経歴は?

 

子供のころから大のチーズ好き

20代で鍼灸師

国内の輸入チーズ販売店に転職

カルチャーセンターのチーズ講座に通う

本場スイスとフランスのチーズ産地を巡るツアーに参加

 

~47歳フランスへ語学留学(こらがのちの大転機となる)~

当初の目的はチーズラベルのフランス語を読みたいと語学留学

 

しかし、チーズ作りを学べる場があると知り現地の国立専門学校等で約5年間を過ごす

 

帰国後、チーズを作る仕事に転職を試みたが全て不採用。

創業塾に通いながら、最初はチーズ講座を開こうと考える。

しかし、本当にやりたいことはこれではないと気づく。

と、同時に、東京に酪農家さんが50軒ほどもあることを知り・・・

 

~2014年10月青梅市でチーズ工房『フロマージュ・デュ・テロワール』オープン~

  • 2018年

「ジャパンチーズアワード2018」

「ソフト酸凝固(山羊乳以外)部門」

金賞を受賞

 

  • 2018年

「青梅のチーズ」という意味の看板商品

「フロマージュ・ドーメ」

東京都のの地域特産品認証食品にも選ばれる

 

  • 2019年

自分が学んだような本格的なチーズ作りを教える学校をやりたいと考える。

すでに、工房では半年サイクルで、座学を含むチーズの教室を設けている。

 

  • 今後

酒蔵と協力して食のイベントを開く夢も・・・

自分でヤギを飼育し、ヤギ乳のチーズ作りの夢も・・・

 

どれほどの情熱を持ってチーズ作りをしてきたのか、一目瞭然ですね。

情熱を傾けられるものがあるなんて、とても素敵な生き様だと憧れます。

今後の夢も、彼女の情熱と行動力によって、そう遠くはない未来に叶えられることでしょう。

 

お店の場所

フロマージュ・デュ・テロワール

  • 住所

〒198-0051

東京都青梅市友田町2-677-102

 

  • 電話番号 0428-78-3458

 

  • 販売日 13:00〜17:00

水曜日、金曜日、日曜日

 

  • 休店日

月曜日、火曜日、木曜日、土曜日

 

鶴見和子の年齢は?

 

鶴見和子さんの年齢は、62歳です。

東京都文京区生まれです。

鶴見和子さんの生き生きと情熱を持った姿を見ると、こうやって年を重ねていきたいなと思います!

 

鶴見和子の家族について

 

鶴見和子さんの家族については、番組放送内で、お母さまがご出演されていました。

その他、ご家族についての詳細は分かりませんでした。

 

鶴見和子(和のチーズ)経歴と年齢は?家族についても!まとめ

「和のチーズ」とは、青梅という地域にこだわった「青梅のチーズ」すなわち『フロマージュ・ドーメ』でした。

 

鶴見和子さんの経歴は、情熱にあふれたチーズ作り一色。

年齢は、62歳。

家族については、番組放送内でお母さまがご出演されていました。

その他、ご家族についての詳細は分かりませんでした。

 

チーズ愛からのチーズ作りにかける情熱と、情熱に伴った行動力を持ち合わす鶴見和子さん。

今後の益々のご活躍を願っています!

 

 

では、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。